返信マナーは大丈夫?

マナーを守ることが大事!

早めの返信を

まず、結婚式の招待メールをもらったら、なるべく早めに返信するようにしましょう。返信が遅いと、結婚式の計画も遅れてしまう可能性があるかもしれません。
また、自分がもし欠席するという場合に、あまりに早く返信するのはマナー的にもよくありません。新郎新婦を悲しませてしまうことにつながる可能性もあるので、その点に注意しましょう。
まず、返信の形態として結婚式招待状についている返信用はがきで返信するというものがあります。
その場合にも、宛先を「様」に変更するなどといった細かな点を忘れないようにしましょう。
はがきで返信する場合は、もちろん手書きの場合がほとんどであると思います。二重線などを引く場合にも、面倒くさがらずに、しっかり定規でひくように、全体的に丁寧さを心がけましょう。

メッセージにもマナーを

結婚式の招待状をメールでもらったときには、メールのマナー自体も理解した上で返信をする必要があるかと思います。
返信マナーというと、返信用はがきで返信するためのマナーなどが多く紹介されることもありますが、ネット社会となった今、メールのみのやり取りも増えています。
だいたいメールで結婚式の招待がくるという場合には、返信用のテンプレートが送られてくる場合がほとんどです。
返信用のテンプレートがあったら、それを開き、その通りに書けばいいので問題はないですが、フリースペースなどといったメッセージ欄では、マナーのある文章をかくよう心がけましょう。
文例なども、本やインターネット上などの用例を参考にすることができます。


TOPへ戻る